新着情報

  • TOP
  • 新着情報
  • 竹花元弁護士の論文『セクハラ行為の「被害者」と「加害者」の言い分が食い違う場合における事実認定のポイント』が「ダイバーシティ21」第9号,2012/夏に掲載
2012.07.04

竹花元弁護士の論文『セクハラ行為の「被害者」と「加害者」の言い分が食い違う場合における事実認定のポイント』が「ダイバーシティ21」第9号,2012/夏に掲載

『セクハラ行為の「被害者」と「加害者」の言い分が食い違う場合における事実認定のポイント』について、弁護士竹花 元が論文を執筆しました。
メディア発信はこちら

新規ご相談予約専用ダイヤル
0120-68-3118
ご相談予約 メルマガ登録はこちら