新着情報

  • TOP
  • 新着情報
  • 難波知子弁護士の論文『内定取り消しが有効な場合でも、損害賠償責任が生じることはあるか』が平成24年3月23日付「労政時報」NO.3818(労務行政研究所)に掲載されました。
2012.04.06

難波知子弁護士の論文『内定取り消しが有効な場合でも、損害賠償責任が生じることはあるか』が平成24年3月23日付「労政時報」NO.3818(労務行政研究所)に掲載されました。

『内定取り消しが有効な場合でも、損害賠償責任が生じることはあるか』について、弁護士難波知子がQ&A形式の論文を執筆しました。
メディア発信はこちら

新規ご相談予約専用ダイヤル
0120-68-3118
ご相談予約 メルマガ登録はこちら