書籍・講演

判例解釈でひもとく働き方改革関連法と企業対応策

判例解釈でひもとく働き方改革関連法と企業対応策

弁護士 岩出 誠 編者

出版社 株式会社清文社
ISBNコード 978-4-433-75461-7
発売日 2021年4月12日
定価 3,520円(税込)(本体:3,200円)

●同一労働同一賃金・パワハラ・セクハラ・マタハラ・カスハラ等についての法的根拠と判例を紹介
●メトロコマース事件・日本郵便事件など2020年10月公表の同一労働同一賃金に関する重要最高裁判例も掲載
●中小企業において2021年4月1日からいよいよ適用!

同一労働同一賃金への対応に向けて事業主に求められることとは?
企業の実践的実務対応上の留意点を解説致しました。
               《目次》
第1章 働き方改革関連法の動き
 第1節 概要
 第2節 働き方改革関連法(施行)のタイムスケジュール

第2章 パートタイム・有期雇用労働法 ~同一労働同一賃金関連~
 第1節 同一労働同一賃金の考え方
 第2節 パート社員・契約社員・派遣社員の待遇改善と改正のポイント
 第3節 判例裁決事例

第3章 労働施策総合推進法(旧雇用対策法)
 第1節 パワーハラスメント対策の法制化の流れと概要
 第2節 男女雇用機会均等法の改正
 第3節 育児・介護休業法の改正ポイント
 第4節 取引先や顧客からの著しい迷惑行為(カスハラ)に関する指針

当事務所の弁護士岩出誠、弁護士織田康嗣、弁護士中野博和、社労士岩楯めぐみが参画致しました。
清文社のHPはこちらをご確認下さい。

新規ご相談予約専用ダイヤル
0120-68-3118
ご相談予約 メルマガ登録はこちら