書籍・講演

2021年版 年間労働判例命令要旨集

2021年版 年間労働判例命令要旨集

労務行政研究所編

出版社 株式会社労務行政
ISBNコード 978-4-8452-1422-8
発売日 2021年6月30日
定価 6,380円(税込)

当事務所の代表パートナー弁護士岩出誠、パートナー弁護士石居茜、弁護士難波知子、弁護士中村仁恒、弁護士織田康嗣、弁護士中野博和が執筆に参画した「2021年版 年間労働判例命令要旨集」が労務行政研究所から令和3年6月30日付けで発行されます。

注目の同一労働・同一賃金の最高裁判決を収録!
労働関係の重要判決・命令のエッセンスを凝縮して掲載!

◆最新(2020年)の労働事件137事件を収録
◆【重要事件】については、同一労働同一賃金や割増賃金に関する重要なものについて実務上課題となるポイントをわかりやすく解説。 

≪目次≫
<令和2年重要事件の解説>
同一労働同一賃金関係
 ・大阪医科薬科大学事件
 ・メトロコマース事件
 ・日本郵便(佐賀)事件
 ・日本郵便(東京)事件
 ・日本郵便(大阪)事件

割増賃金関係
 ・国際自動車事件

雇止め関係
 ・博報堂事件

<個別労働関係>
第1章 労働契約
第2章 賃金、割増賃金、退職金等
第3章 労働時間・年休
第4章 安全衛生・労働災害
第5章 就業規則
第6章 人事
第7章 退職、解雇、雇止め

<集団的労働関係>
第8章 労働組合
第9章 団体交渉
第10章 不当労働行為
第11章 労働訴訟
第12章 公務員法

審級別検索便覧

出版社のHPは下記をご確認下さい。
労務行政研究所「2021年版 年間労働判例命令要旨集」

新規ご相談予約専用ダイヤル
0120-68-3118
ご相談予約 メルマガ登録はこちら