法律Q&A

分類:

自宅等でテレワークを行う際の作業環境整備の留意点は?

弁護士 難波 知子(ロア・ユナイテッド法律事務所)
2021年6月掲載

自宅等でテレワークを行う際の作業環境の整備にはどのような点に留意する必要があるでしょうか。

令和3年3月26日付「テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン」(以下、「新テレワークガイドライン」といいます。)

(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/shigoto/guideline.html)内「(別紙2)自宅等においてテレワークを行う際の作業環境を確認するためのチェックリスト(労働者用)」を活用し、自宅等の作業環境に関する状況の報告を求める等して、事務所衛生基準規則(昭和47年労働省令第43号)等と同様の環境となるように、労使協力の上、作業環境を整備することが重要です。

1 新テレワークガイドラインの公表
 厚生労働省は、令和3年3月25日、使用者が適切に労務管理を行い、労働者が安心して働くことができる良質なテレワークを推進するため、新テレワークガイドラインを公表しました。新型コロナウイルス感染症対策として、テレワークの重要性や位置づけが大きく変わったことに伴う改定です。
 新テレワークガイドラインにおいては、テレワークを行う作業場が、労働者の自宅等、事業者が業務のために提供している作業場以外である場合には、事務所衛生基準規則(昭和47年労働省令第43号)、労働安全衛生規則(一部、労働者を就業させる建設物その他の作業場に係る規定)および「情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン」(令和元年7月12日基発0712第3号)は、一般には適用されないことが明らかにされました。
 したがって、自宅等で行われるテレワークにおいては、これらの衛生基準に従ったものにする法令上の義務はないことになっています。

2 作業基準について
(1)自宅等においてテレワークを行う際の作業環境を確認するためのチェックリスト(労働者用)
 もっとも、新テレワークガイドラインにおいては、これらの衛生基準と同等の作業環境となるよう、事業者はテレワークを行う労働者に教育・助言等を行い、「(別紙2)自宅等においてテレワークを行う際の作業環境を確認するためのチェックリスト(労働者用)」を活用すること等により、自宅等の作業環境に関する状況の報告を求めるとともに、必要な場合には、労使が協力して改善を図る、または、サテライトオフィス等の活用を検討することが重要であるとされています。
(2)チェックリストの具体的内容
 自宅等においてテレワークを行う際の作業環境を確認するためのチェックリストの内容は下記のようになっています。このチェックリストを参考に、労使協力の上、作業環境を整備すべきといえます。

1 作業場所やその周辺の状況について
(1)作業等を行うのに十分な空間が確保されているか。
【観点】
・作業の際に手足を伸ばせる空間があるか。
・静的筋緊張や長時間の拘束姿勢、上肢の反復作業などに伴う疲労やストレスの解消のために、体操やストレッチを適切に行うことができる空間があるか。
・物が密集している等、窮屈に感じないか。

(2)無理のない姿勢で作業ができるように、机、椅子や、ディスプレイ、キーボード、マウス等について適切に配置しているか。
【観点】
・眼、肩、腕、腰に負担がかからないような無理のない姿勢で作業を行うことができるか。

(3)作業中に転倒することがないよう整理整頓されているか。
【観点】
・つまづく恐れのある障害物、畳やカーペットの継ぎ目、電源コード等はないか。
・床に書類が散らばっていないか。
・作業場所やその周辺について、すべり等の危険のない、安全な状態としているか。

(4)その他事故を防止するための措置は講じられているか。
【観点】
・電気コード、プラグ、コンセント、配電盤は良好な状態にあるか。配線が損傷している箇所はないか。
・地震の際などに物の落下や家具の転倒が起こらないよう、必要な措置を講じているか。

2 作業環境の明るさや温度等について
(1)作業を行うのに支障ない十分な明るさがあるか。
【観点】
・室の照明で不十分な場合は、卓上照明等を用いて適切な明るさにしているか。
・作業に使用する書類を支障なく読むことができるか。
・光源から受けるギラギラしたまぶしさ(グレア)を防止するためにディスプレイの設置位置などを工夫しているか。

(2)作業の際に、窓の開閉や換気設備の活用により、空気の入れ換えを行っているか。

(3)作業に適した温湿度への調整のために、冷房、暖房、通風等の適当な措置を講ずることができるか。
【観点】
・エアコンは故障していないか。
・窓は開放することができるか。

(4)石油ストーブなどの燃焼器具を使用する時は、適切に換気・点検を行っているか。

(5)作業に支障を及ぼすような騒音等がない状況となっているか。
【観点】
・テレビ会議等の音声が聞き取れるか。
・騒音等により著しく集中力を欠くようなことがないか。

3 休憩等について
(1)作業中に、水分補給、休憩(トイレ含む)を行う事ができる環境となっているか。

4 その他
(1)自宅の作業環境に大きな変化が生じた場合や心身の健康に問題を感じた場合に相談する窓口や担当者の連絡先は把握しているか。

関連タグ

身近にあるさまざまな問題を法令と判例・裁判例に基づいてをQ&A形式でわかりやすく配信!

キーワードで探す
クイック検索
カテゴリーで探す
新規ご相談予約専用ダイヤル
0120-68-3118
ご相談予約 メルマガ登録はこちら