メルマガ「人事労務の勘所」

2015.04.08

第18回 昼食休憩中の従業員同士の喧嘩への対応は?

いつもお世話になっております。
ロア・ユナイテッド法律事務所でございます。

今月も身近な法律の豆知識を配信いたします。
皆様のビジネスシーンや生活の中で、少しでもお役立ていただければ幸いです。

※このメールは以前に、当事務所にお越しいただいた方、
名刺を交換させていただいた方、当事務所のHPより
メルマガ購読のご登録をいただいた方を対象にお送りしております。
不要の際はお手数ですが、下記【配信停止はこちら】よりお願いいたします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ロアからのご案内■
ご好評いただいております、ロア人事・労務セミナーの
第5回を、5月19日(火)に開催いたします!

テーマ『配転・出向・転籍命令が権利濫用とならないための8つのポイント』

経営環境の変化に対応するために企業・組織再編などが行われるともに、
人材の適材適所の観点から人材の再配置を検討されている企業は
非常に多くなってきております。

実際に、
・転勤命令を拒否する従業員にどう対応すればよいか
・関連会社へ出向させたいが問題はないか
などのご相談を非常に多く受けます。

そのような問題を回避するために、何が必要なのか?

配転・出向・転籍を命ずる場合において、
異動命令を有効に出すための要件、
出した命令が権利濫用とならないための留意点や
就業規則・出向契約書及び規程の整備といった観点から、
最新の判例・実務を踏まえ解説していきます。

※定員に達し次第募集は締め切らせていただきます。
ご希望の際はお早めにお申し込みいただけますと幸いです。

ロア・人事労務セミナーお申込みはこちら
https://www.loi.gr.jp/jinji-roumu-seminar/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『今月の法律豆知識』
---------------------------------------------------------------
【 Q 】 
昼食休憩中の従業員同士の喧嘩への対応は?
---------------------------------------------------------------
【 状況 】
当社の従業員同士が、昼食休憩中に喧嘩となり
お互い怪我をしただけでなく、それを止めようとした
社員食堂の職員まで怪我を負いました。
当社として、どのように対応すればよいのでしょうか。
---------------------------------------------------------------
【 A 】
怪我をした社員食堂の職員には早急に謝罪して被害弁償をし、
社内ではトラブルの原因を調査し、トラブルを起こした従業員の
処分を検討すべきでしょう。
----------------------------------------------------------------
【 解説 】
喧嘩をした社員双方の行為は、
相手を殴って怪我をさせているようですから、
互いに傷害罪(刑法204条)にあたることは明らかです。

この様な場合に、まず最初に会社としてすべきことは、
喧嘩をした当事者からしっかり事情を聴取し、原因を究明することです。

次に、事実関係をしっかり確認してください。
怪我人が出た場合は、怪我の程度を診断書などを提出させて
確認すると共に、設備備品の破損等があれば、その程度を見積書などで
明らかにさせ、被害額算定の為に出してもらうようにしましょう。

喧嘩当事者以外の怪我人への会社の対応としては、
丁重にまずその喧嘩の仲裁に入り怪我をされた方への
誠意を示すことです。

この様な対応を怠り誠意ある姿勢を示さないと、
怪我をした方に喧嘩をした従業員が刑事告訴されたり、
損害賠償を請求されたりする可能性がありますし、
従業員相互間でもそのような状況がおきかねません。
もし、損害賠償を請求された場合には、会社も使用者責任(民法715条)
を問われる可能性があります。

社内的には、喧嘩をした当事者の上司も含めて十分に話合い、
このようなトラブルが二度と生じないように、
社内の綱紀粛正をはかるべきです。

加えて、当事者とその上司に対しては、
他の従業員に対する見せしめの意味からも、
相当な懲戒処分(戒告程度が妥当)をすべき場合もあるでしょう。
(文責:弁護士 中村 博)

~ 次回、5月配信予告 ~
【 Q 】
嘱託社員には退職金を支払わなくてもよいか?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

~ 執筆者コラム ~
私は、東京の弁護士会の野球部の監督をしています。
それぞれにそれなりの個性を持つ弁護士メンバーを
束ねるのは、意外と大変です。

甲子園とか神宮で学生時代に活躍した経験のある者から
ほとんどこれまでに野球経験のないけど野球好きという者まで
千差万別の実力差があるのですから。

ただ、このようなメンバーでも唯一皆が勝利を目指して
一致団結する大会があります。それが、日弁連野球大会です。
この大会は現在2連覇中ですが、勝利のためには自分の出番よりも
勝利を最優先に勝利を目指しています。

今年も、もうすぐ予選の組み合わせが決まり、大会がスタートします。
岐阜の長良川で3連覇目指して頑張ります。

弁護士 中村 博のプロフィールはこちら
https://www.loi.gr.jp/about/lawyer/nakamura.html#namelawyer

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■事務所情報■
ロア・ユナイテッド法律事務所 代表パートナー 岩出 誠
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-23 虎ノ門東宝ビル9階
Tel:03-3592-1791(代表) Fax:03-5532-8427
E-mail:info@loi.minato.tokyo.jp
URL:https://www.loi.gr.jp/

【法律相談お申し込みはこちら】
https://www.loi.gr.jp/consultation/

【配信停止はこちら】
※本配信でURL装着

最後までご覧いただきありがとうございます。
今後もビジネスシーンや生活でお役に立つ法律情報をお送り致します。
ロア・ユナイテッド法律事務所 メールマガジン担当 能
以上

新規ご相談予約専用ダイヤル
0120-68-3118
ご相談予約 メルマガ登録はこちら