メルマガ「人事労務の勘所」

2014.06.11

第8回 従業員のPCのモニタリングはどこまで許されるか?

いつもお世話になっております。
ロア・ユナイテッド法律事務所でございます。

「なるほど!そうだったのか!」と思えるような
身近な法律の豆知識を、Q&A形式で定期的に配信しております。

皆様のビジネスシーンや生活の中で、少しでもお役立ていただければ幸いです。

※このメールは以前に、当事務所にお越しいただいた方、
名刺を交換させていただいた方、当事務所のHPより
メルマガ購読のご登録をいただいた方を対象にお送りしております。
不要の際はお手数ですが、下記【配信停止はこちら】よりお願いいたします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『今月の法律豆知識』
---------------------------------------------------------------
【 Q 】 
従業員のPCのモニタリングはどこまで許されるか?
---------------------------------------------------------------
【 状況 】
昨今、会社の業務情報の漏えいが問題となっていますが、
従業員に貸与しているPCを会社が監視・調査することは、
どこまで許されるのでしょうか。
---------------------------------------------------------------
【 A 】
会社によるログ情報の収集は許容されますが、
これを調査する場合には、調査目的や調査方法によっては
許されないこともあります。
----------------------------------------------------------------
【 解説 】
従業員による情報漏えいが、容易に重大な事態へと発展し得る今日では、
ログ管理ソフト等を導入することにより、
会社が社内のPCのログ情報を収集することは、
一般に許容されると考えられます。

もっとも、会社が従業員に貸与したPCとはいえ、
一般の会社では、従業員の私的なホームページの閲覧や
電子メールのやりとり等を一定程度は黙認している
というのが通常ではないでしょうか。

このような状況において、収集したログ記録を調査する場合、
調査の必要性と、従業員のプライバシー保護の要請との間の調整
が必要になってきます。

具体的には、ログ管理ソフトで常時ログ記録を
収集することは許されるとしても、個人的な興味を満たしたり、
粗探しをしたりする目的で特定の従業員のログ記録を
ことさらに調査することは、違法だと考えられます。

一方で、従業員による情報漏えい等の行為が合理的に疑われる場合には、
当該従業員のPCの使用状況を一定期間監視することも正当化されます。

情報漏えい等の防止を目的として、
定期的に抜き打ちで従業員のPCの使用状況を調査することも、
調査の頻度や方法が相当なものである限りは許されるでしょう。

なお、情報漏えいの予防を目的とするのであれば、
PCのログ記録を収集していることを事前に
従業員に周知しておくほうが、目的の実現には効果的ですし、
従業員への配慮という観点で見ても、望ましいということができます。
(文責:弁護士 岩野 高明)

~ 次回、7月配信予告 ~
【 Q 】
初めてBCP(事業承継計画)を作成する際の注意点は?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

~ 執筆者コラム ~
ホワイトカラー・エグゼンプションに関する議論が盛んですが、
皆様はどのようにお考えでしょうか。

「労働時間でなく成果によって評価すべきだ」という意見は、
ホワイトカラーについてみれば、確かにそうだと思うのですが、
適切に運用されないと、長時間労働を助長する負の作用のほうが
目立つ結果になるかもしれません。

労働時間規制を「外す」のではなく、「一定程度緩める」とか、
労働と労働との間にインターバルを設けることを義務づけるとか、
労働時間が無制約に伸長することを防止するための何らかの歯止め
を設けることについても、もう少し丁寧な検討がされてよいのではないか
と私は考えています。

弁護士岩野高明のプロフィールはこちら
https://www.loi.gr.jp/about/lawyer/iwano.html#namelawyer

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ロアからのご案内■
ロア・合同セミナーを開催します!
テーマ:『平成26年改正労働法への企業対応』
講 師:代表パートナー弁護士 岩出誠
日 時:平成7月10日(木)午後2時~午後4時
費 用:3,000円

改正法(案)の過去から現在、そして今後の法改正への背景と流れ、
今後の労働法改正の方向性およびその企業の労務管理への影響についての
ポイントを詳しくご説明します。

テーマに添った個別のご質問等にもお答え出来る、質問時間もございます。
この機会に懸案等をご質問戴き、解決にお役立て下さい。

※定員(100名)になり次第お申込みは締め切らせていただきます。
ぜひ、お早めにお申し込みください。

セミナーの詳細はこちら
https://www.loi.gr.jp/seminar/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■事務所情報■
ロア・ユナイテッド法律事務所 代表パートナー 岩出 誠
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-23 虎ノ門東宝ビル9階
Tel:03-3592-1791(代表) Fax:03-5532-8427
E-mail:info@loi.minato.tokyo.jp
URL:https://www.loi.gr.jp/

【法律相談お申し込みはこちら】
https://www.loi.gr.jp/consultation/

【配信停止はこちら】
http://s.blayn.jp/bm/p/f/s.php?id=15trnmn9&mail=nou%40loi.gr.jp&no=14558

最後までご覧いただきありがとうございます。
今後もビジネスシーンや生活でお役に立つ法律情報をお送り致します。
ロア・ユナイテッド法律事務所 メールマガジン担当 能

新規ご相談予約専用ダイヤル
0120-68-3118
ご相談予約 メルマガ登録はこちら