メルマガ「人事労務の勘所」

2013.12.11

第2回 従業員が自転車で通行人にけがをさせてしまったときの会社の責任は?

いつもお世話になっております。
ロア・ユナイテッド法律事務所でございます。

「なるほど!そうだったのか!」と思えるような
身近な法律の豆知識を、Q&A形式で定期的に配信しております。

皆様のビジネスシーンや生活の中で、少しでもお役立ていただければ幸いです。

※このメールは以前に、当事務所にお越しいただいた方、
名刺を交換させていただいた方を対象にお送りしております。
不要の際はお手数ですが、下記【配信停止はこちら】よりお願いいたします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『今月の法律豆知識』
---------------------------------------------------------------
【 Q 】 
従業員が自転車で通行人にけがをさせてしまったときの会社の責任は?
---------------------------------------------------------------
【 A 】
次の場合には、会社も責任(損害賠償責任)を負います。
(1)自転車を業務のために積極的に利用させていた場合
(2)自転車が業務のために日常的に使用されており、
会社がこれを容認、助長している場合
----------------------------------------------------------------
【 解説 】
事故を起こした場合、その従業員個人が通行人に対して
損害賠償責任を負います。
しかし、それが会社の業務を行うためであった場合には、
会社も損害賠償責任を負うことになります。

裁判例の多いマイカー(自動車)事故のケースでは、
会社の業務を行うためであった場合とは、次のような場合とされています。
(1)マイカーを業務のために積極的に利用させていた場合
(2)マイカーが業務のために日常的に使用されており、
会社がこれを容認し、助長している場合
(つまり会社が業務に使わせたり、積極的に使用をサポートしているような状態です)

このような場合は、会社が損害賠償義務を負うとされています。

それでは今回問題の、自転車での事故のケースはどうでしょうか。

結論としては、上記のマイカーと同じ考え方ができるでしょう。
自転車も、道路交通法上の「車両」にあたり、
死亡・傷害事故を起こす危険性が高いものだからです。

このような中で、会社として事故のリスクを回避するためには、
自転車での通勤や業務での利用を原則禁止にすることや、
もし利用を認めるのであれば、自転車保険への加入を
義務付けることが必要といえるでしょう。

なお、近年、国や地方自治体で、
自転車の安全強化のための様々な取組みが行われています。

とりわけ、平成25年7月1日施行の
「東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」では、
通勤自転車の駐車場を会社自ら確保する、または確保されていることを
確認することが義務付けられているので、注意が必要です。
(文責:弁護士 木原 康雄)

~次回、平成26年1月配信予告 ~
【 Q 】
従業員が行方不明になったら?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ロアからのご案内■
ロア・ビジネスセミナー(新規お客様向け無料法律相談付)の開催が決定!!
日程  平成26年2月19日(水)
テーマ『有期労働契約のリスクと活用方法-今後の改正案を踏まえつつ-』
詳細、お申込みは当事務所HPから↓↓
(セミナーページURL貼付)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■事務所情報■
ロア・ユナイテッド法律事務所 代表パートナー 岩出 誠
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-23 虎ノ門東宝ビル9階
Tel:03-3592-1791(代表) Fax:03-5532-8427
E-mail:info@loi.minato.tokyo.jp
URL:http://c.bme.jp/7/8/22/14558

【法律相談お申し込みはこちら】
http://c.bme.jp/7/8/23/14558

【配信停止はこちら】
http://s.blayn.jp/bm/p/f/s.php?id=15trnmn9&mail=nou%40loi.gr.jp&no=14558

最後までご覧いただきありがとうございます。
今後もビジネスシーンや生活でお役に立つ法律情報をお送り致します。
ロア・ユナイテッド法律事務所 メールマガジン担当 能

新規ご相談予約専用ダイヤル
0120-68-3118
ご相談予約 メルマガ登録はこちら