新着情報

  • TOP
  • 新着情報
  • 清文社から「判例解釈でひもとく働き方改革関連法と企業対応策」が出版されました。
2021.03.29

清文社から「判例解釈でひもとく働き方改革関連法と企業対応策」が出版されました。

同一労働同一賃金、パワハラ、セクハラ、マタハラ等について、新たな法的根拠等を織り込んで詳解するとともに、事案を含む判例を解説しながら、令和3年4月1日から同一労働同一賃金への対応を一層迫られる中小企業にも留意しつつ、企業の実践的実務対応上の留意点を解説。
当事務所の代表パートナー弁護士岩出誠、弁護士織田康嗣、弁護士中野博和、社労士岩楯めぐみが参画致しました。

「判例解釈でひもとく働き方改革関連法と企業対応策」はこちらをご確認下さい。

新規ご相談予約専用ダイヤル
0120-68-3118
ご相談予約 メルマガ登録はこちら